美容のことを考えて、食生活を見直してみよう

乾燥肌に悩まされた経験がある人ほど、洗顔後に顔に少しばかり水分を残した方が、皮膚の潤いを保ちやすいと勘違いしている事が多いです。

肌の水分をしっかり拭き取る行為が美容に優しい

美容のことを考えて、食生活を見直してみよう 乾燥肌に悩まされた経験がある人ほど、洗顔後に顔に少しばかり水分を残した方が、皮膚の潤いを保ちやすいと勘違いしている事が多いです。しかし実際には洗顔後に皮膚に水滴が残っていると、その水分が蒸発すると同時に、皮膚に含まれている水分まで乾燥してしまいます。それが乾燥肌の原因になるからこそ、洗顔後には肌に付いている水滴をしっかり拭き取る事で、肌の水分を保たなければいけません。洗顔後にタオルなどで肌を拭く際には、なるべく水分を吸収しやすい生地を使う事によって、肌を強く拭かなくても水分を拭き取りやすくなります。肌を強く拭いてまで水滴を取り除こうとすると、肌に余計なダメージを与えてしまい、シワなどを増やす原因になる可能性に注意が必要です。

水滴を優しく拭き取る必要があるのは顔だけでなく、全身の皮膚でも同じ事ですから、バスタオルの選び方にも気を付けなければいけません。ボディソープなどの泡が少し残っていると、肌に必要な皮脂まで落ちてしまう可能性があるので、泡をしっかりと落としてから水滴を拭き取るようにしましょう。保湿用のオイルに頼るのもいいですが、まずは顔の洗い方を変える事から対処を始めて、どれぐらい自分の肌が弱っているのか確認するのも美容を保つために大切な事です。